CASARENA Bodega y Viñedosカサレナワイナリー

アルゼンチンにおけるシングルヴィンヤードワイン生産の先駆者

古くは1937年にイタリア人移民のフィリッポ・フィガリ氏が創業した家族経営のワイナリーで、実に100年の歴史を持ち、メンドーサ州の文化財でもあったこのワイナリーを2007年に、現在のワイナリーオーナーでアメリカ人実業家のピーター・ダートリー氏(ダートリー・ファミリー・ワインズ)により、伝統的なプロセスと最新の技術革新を組み合わせた最先端のワイナリーの運営のために全面改修の後に、ワイン造りの再チャレンジが始まりました。

ピーターの最初のチャレンジは、樹齢80年のカベルネ・ソーヴィニヨンが植えられた80ヘクタールの土地を購入したことに加え、世界的に有名なワインメーカーでありコンサルタントでもあるミシェル・ロラン氏の綿密な管理のもと、さらに240ヘクタールのブドウ畑を確保したことから始まります。もともと石が敷き詰められていたため、石を取り除いてブドウの樹を植える準備を始めたとき、地元の生産者たちが大笑いしていました。しかし、最初のヴィンテージとなった2009年には既に高い評価を獲得し、世界的に有名なマスター・オブ・ワインであるティム・アトキン氏は、「アルゼンチン/スペシャル・レポート2014」の中で、カサレナをアルゼンチンの新しい3つの傑出したワイナリーの1つとして取り上げ、アルゼンチンの全生産者の中でトップ25に位置すると評価したのです。

現在、ダートリー・ファミリー・ワインズが手がけるプロジェクトは4つありますが、中でもカサレナは唯一、「シングルヴィンヤード」ワインを保持するフラッグシップ・プロジェクトです。「シングルヴィンヤード」ワインとは、トレーサビリティを厳密にした単一畑から採れたブドウのみを使って醸造するワインのことです。1つのブドウのみを使って醸造する単一ワインであっても複数の畑から採れたブドウをブレンドして醸造するワインがスタンダードである中、「シングルヴィンヤード」ワインはその土地のテロワールをダイレクトに表現したいというコンセプトで造られています。オーナーの孫の名前が付けられた4つの自社畑それぞれのアイデンティティをワインの個性としてダイレクトに表現しようとする挑戦が続けられています。

アルゼンチンで最も偉大なシングルヴィンヤード(単一畑)プロジェクトになるという目標に向かい、全員で戦う、クリエイティビティ溢れるONE TEAM

ワイナリーチーム

Claudia Piedrahita
Claudia Piedrahita

Claudia Piedrahita

President & CEO

Nicolás Perinetti
Nicolás Perinetti

Nicolás Perinetti

Export Manager

Leandro Azin
Leandro Azin

Leandro Azin

Winemaker

Pablo Ceverino
Pablo Ceverino

Pablo Ceverino

Agronomist

このプロジェクトを指揮するのは、女性プレジデントのクラウディアです。
エクスポートマネージャーのニコラスはインポーターである私たちの考えや意見も取り入れながら良きパートナーとしてタッグを組んでプレミアムワインを日本に広めていこうとしてくれています。
ワインメーカーのレアンドロは伝統的なフランスボルドーの醸造手法を取り入れながらも若く柔軟な発想で日々カサレナワインの品質を追求しています。
シングルヴィンヤードワイン生産先駆者として、4つの特徴的な土壌を有する畑を管理する農学者のパブロは5年後10年後を見据えた新しいワインを造るプロジェクトのため、ブドウの植樹方法から日々創意工夫を重ねています。

広大な土地、高標高、絶え間なく降り注ぐ太陽の光、そしてミネラル豊富な大地、
完璧なハーモニーを奏でる場所

ロケーション

アルゼンチンの首都ブエノスアイレスから1070kmの距離に位置するカサレナは、アルゼンチン国内有数のワイン産地であり、ワイン総生産量の約60%を占めるメンドーサ州はルハン・デ・クージョにあります。
ルハン・デ・クージョは、アルゼンチン国内で最も古いワイン産地であり、マルベック品種のブドウが最初に植えられた場所でもあります。

標高900~1000メートルの高地に4つの自社畑を所有するカサレナは、日照時間が年間300日、降水量は年間200ミリ程度しかなく、アンデス山脈から吹き下ろすゾンダと呼ばれる乾燥した高温の風の影響で年間を通して乾燥しており、多くの害虫やブドウの病気にとってチャンスがありません。そのため、化学肥料や農薬の使用を限りなく抑えたブドウ栽培を行なっています。その一方で、水は不足していることから、アンデス山脈の雪解け水を使用したドリップ灌漑システムや用水池を整備し、目標を定めてコントロールしています。

なお、この地方では、夏にブドウを傷つけるほどの大きな雹が降ることが脅威となっていますが、カサレナではコストをかけてネットを施し雹対策を行っています。

プレミアムワインに強い個性をもたらす、ユニークで表現力豊かなブドウ畑

カサレナは、1989年にアルゼンチンで初めてアペラシオンとして制定されたルハン・デ・クージョのアグレロ地区とペルドリエル地区に、総面積約300ヘクタールに達する4つの自社畑を所有しています。これらの畑の土壌特性は均一ではなく、非常に短い距離で変化に富んでいることが特徴です。

Jamilla’s Vineyard

詳細をダウンロード

標高940m、畑面積11ha、栽培品種(1995年) マルベック、シラー、ピノ・ノワール、カベルネ・ソーヴィニョン、メルロ、ソーヴィニョン・ブラン
メンドーサ川のすぐ側に位置するジャミラ畑は、かつてはメンドーサ川の河床であった場所に由来しており、土壌は最初に粘土質層があり、次いで砂利の層、さらに様々な大きさの小石のある層から構成され、非常に優れた透水性を持つ畑となっています。

LAUREN’s Vineyard

詳細をダウンロード

標高918m、畑面積82ha、栽培品種(2006年)マルベック、カベルネ・ソーヴィニヨン、プティ・ヴェルド、カベルネ・フラン、メルロ、シラー、シャルドネ、ヴィオニエ、ソーヴィニヨン・ブラン
アグレロ地区の最北に位置するローレン畑は、土壌の深さが際立っており、異なる層を見分けることができます。最初は純粋な粘土質層が、次により大きな粒度を持つ移行層が、そして3番目に素朴な砂の層から構成されています。これらの構造は、様々なぶどう品種の開発に適しています。

OWEN’s Vineyard

詳細をダウンロード

標高960m、畑面積32ha、栽培品種(1930年)マルベック、カベルネ・ソーヴィニヨン、シャルドネ
カサレナで「生存者」と呼ばれているオーウェン畑は、1930年に植えられたパーゴラ式のぶどう畑が路地に沿って古典的な彫刻のように立ち並んでいます。数メートルの距離で変化する土壌の多様性は傑出しており、ミクロテロワールの偉大な作品になっています。非常に深い粘土質の土壌、ごく浅いところに砂や粘土が混じった岩石が存在する土壌、さらには石灰岩が豊富で岩石が優勢な土壌まで幅広く、潜在的にミネラル分の豊富な畑となっています。

NAOKI’s Vineyard

詳細をダウンロード

標高950m、畑面積18ha、栽培品種(2010年)マルベック
岩が多く、石灰質の塊があり、水も不足していることから、ぶどう畑には不向きとされるエリアに位置するナオキ畑は、アグレロ地区の他の地域とは全く異なった特徴を有しています。東西方向の急な斜面がミクロテロワールのための特別な場所を提供してくれています。

ギャラリー