北山商事のビジョン

「次の100年につながるワインの物語を創造する」

「次の100年につながる
ワインの物語を創造する」

変化の激しい今の時代に、これから100年後の未来も生き残るモノやコトを決定づけるもの、
それは、私たち一人一人の意思を持った経済活動であると考えます。

だからこそ、私たち北山商事のミッションは、
世の中にまだ知られていない生産者の熱い想いと革新的な努力で育まれたプレミアムワインを追求し、提供することです。

私たちは、ワインが持つ個性や様々な物語、無限の可能性を
皆さんと共に引き出していけるようなワイン探しのスタイルを提案します。

代表メッセージ

北山 薫 / 代表取締役社長

アルゼンチンにおけるワイン造りは、500年余前のスペインの入植から続く歴史があり、現在も尚、世界的なワインの生産地として長らく君臨し続けています。

しかしながら、アルゼンチンのワインが世界市場に登場し出したのはここ20年程とごく最近のことなのです。それは、アルゼンチンが政治・経済的にグローバル化の波に乗り遅れ、質より量を重視するテーブルワインの生産を国家プロジェクトとして推進してきたことが、ワイン市場のグローバル化から完全に取り残されるという悲劇を産み出したのです。

しかし、アルゼンチン国内のワイン消費の激減により、アルゼンチン国内のワイン経済は崩壊を余儀なくされました。これを機に1980年代後半からワインの海外輸出を目的とした国際的に競争力のあるワインを生産するためのプロジェクトが動き出しました。この活動は、アルゼンチン国内で生き残りをかけた地元のワイン生産者はもちろんのこと、アルゼンチンワインのテロワール再生に情熱を燃やす世界中の投資家やワイン専門家、愛好家ら個人による活動や地元生産者とのコ・クリエーション的な活動など様々です。このような多様な動きが原動力となり、アルゼンチンワインのテロワール再生に向けたイノベーションがあちこちで起き始めています。

まさに私も、前職での南米赴任がきっかけで一本のアルゼンチンワインとの運命的な出会いを果たし、アルゼンチンワインのテロワール再生を応援すべく、この会社を立ち上げました。
私たちの活動が、次の100年につながるワインの物語を創造する一助となることを信じて、一歩一歩進んで参ります。

北山 薫代表取締役社長

北山 薫 / 代表取締役社長

会社概要

商号
北山商事株式会社
資本金
3,000万円
代表者名
北山 薫
事業内容
アルゼンチンワインの輸入卸業・販売事業
免許
酒類販売業 いわき法第9016号・第9080号
拠点
東京ショールーム
東京都台東区上野桜木1-14-21 高遠レジデンス上野桜木 B1F

本店
福島県いわき市内郷内町水之出17-11

沿革

2018年
アルゼンチンワイン専門輸入商社として事業開始
2020年
CASARENA Bodega y Viñedos(カサレナ ボデガ イ ヴィニェドス)日本総代理店として販売開始

アクセス

東京ショールーム

完全予約制

ワインのテイスティングを
お楽しみいただけます。
まずは、お気軽にお問い合わせください。